ビジネスを始める前にあなたの弁護士に尋ねるべき5つの質問

あなた自身のビジネスを始めることはすばらしい経験である。 起業家は、彼らが新しいアイデア、製品、またはサービスを起動する準備として興奮、期待、そして時には不安の多くを感じます。 あなたの旅を開始すると、ビジネスを開始する前に、あなたの弁護士に依頼するこれらの5つの質問を検討してください。

ビジネスを始める前に弁護士に尋ねる5つの質問

最も単純な質問に対する答えが複雑な問題が後で発生するのを防ぐのに役立つ時期はわかりません。 あなたのビジネスや企業の弁護士にこれらの質問をすることを検討してください:

私は企業エンティティを形成すべきです。

一緒に、あなたとあなたの弁護士は、企業エンティティを確認し、あなたとあなたのビジネスに適したフォームを選択します。 エンティティの最も一般的な形式は次のとおりです:

  • 唯一の所有権:非常にいくつかの法的要件が、あなたは完全な責任を維持します。
  • パートナーシップ:あなたと他の誰か(友人、ビジネスアソシエイト、配偶者、子供など。)一緒にビジネスに参入し、責任を共有することを決定します。
  • : 企業は、広範な(そして時には高価な)文書、記録保持、取締役会、およびコンプライアンスを必要とします。
  • 有限責任会社:最も一般的な企業であるLLCは、標準的な企業の多くの利点を提供しながら、責任を制限します。

私は正しい営業許可証または許可証を持っていますか?

これはビジネスを開始する上で重要なステップであり、ビジネス所有者、特にレンガとモルタルの場所で働いている人には、地方、州、連邦のライセ あなたとあなたの弁護士を探索する必要があります:

  • ローカル:郡または市の許可が必要な場合があります。 あなたのビジネスのための特定の条件を見つけるためにあなたの商工会議所に連絡しなさい。
  • 状態:どのような状態のライセンスまたは許可が必要かを調べるには、国務長官のオフィス、または中小企業管理(SBA)に連絡してください。
  • 連邦政府:SBAはまた、あなたのビジネスとライセンスまたは許可のためにあるかもしれない連邦政府のガイドラインの種類を見つけるための出発点

どのように資金を得るのですか?

それはあなたのビジネスの資金調達になると、契約や資金調達契約の任意の並べ替えに同意する前に、常にあなたの弁護士に相談してください。 資金調達には、次のような正当なオプションがいくつかあります:

  • 友人や家族
  • クラウドファンディング(KickStarter、GoFundMeなど)。
  • エンジェルまたはベンチャーキャピタル
  • SBA助成金またはローン

どのように私は私のビジネスで成長するのですか?

創業者の病気は、ビジネスの世界では本当の問題です。 多くの人々はビジネスを始めるが、ビジネスと共に育つために適切な技術セットかサポートを得ない。 あなたは、企業がどのように成長し、進化するかについての弁護士、取締役会、会計士、またはメンターからの指導に開放されている必要があります。 あなたが成長するにつれて、次のヒントを覚えておいてください:

  • あなたのために働くルーチンを作成します
  • 悪い習慣を特定し、排除します
  • あなたの快適ゾーンを残します
  • 創造的で野心的ですが、合理的です

私はそれが必要なものを持っていますか?

あなたの弁護士はこの質問に複数の方法で答えることができます。 あなたは物理的に、精神的に、財政的にそれが必要なものを持っていますか? これらの要素のいくつかは、他のものよりも紙に正確に特定するのが簡単です。 それでも、それは尋ねるべき重要な質問です。 ビジネスおよび会社の法律の代理人に助力企業家の訓練そして経験の年が始まるある。 彼らは多くの場合、他の当事者が失敗する可能性が洞察力を提供することができます。

Daic Lawから法律の助けを得る

ビジネスを始めることについて質問がある場合は、Daic Lawが助けます。 私たちの弁護士は、ビジネス形成とビジネス法の問題、ビジネス紛争、消費者の権利、および債務防衛とクライアントを支援します。 あなたが持っている質問の種類に関係なく、私たちはあなたを助けましょう。 877-893-6040を呼び出すことによって、または電子メールで無料相談を取得します[email protected]

私は私のビジネスのための機器をリースまたは購入する必要がありますか?

テキサス州でビジネスを始めるための10のステップ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。