ホログラム-ホログラムの歴史

1940年代に最初に作成されたホログラフィック法は、もともとx線を使用することが提案されました。 高度な電子顕微鏡の開発には実用的ですが、物理学者のDennis Gaborが開拓したアイデアは、x線が肉眼では見えないため、最初の光学ホログラムの作成には成功していませんでした。

しかし、レーザーの開発に伴い、3Dホログラムの可視化が1962年に現実のものとなった。 ソビエト連邦のYuri Denisyukと米国のEmmett LeithとJuris Upatnieksはこの成果の先駆者でしたが、彼らの最初のホログラムは光エネルギーを効率的に使用しませんでした。 彼らの発明は、それを投影するのではなく、光の多くを吸収し、ぼやけて鈍いホログラフィック画像をもたらしました。 今後数十年にわたる進歩により、投影された画像のさらなる明瞭さと明るさの向上が可能になりました。

今日、多くの種類のホログラムは、ユーザーに知られていない毎日の生活の中で使用されています。 これの一例は、小さなホログラフィック画像を投影するために反射材料および照明材料を利用する虹透過ホログラムである。 この手法は、クレジットカードまたは銀行券のセキュリティ認証を確実にするために一般的に使用されます。

しかし、最もよく知られているホログラム描写は、表面に投影することができる3Dホログラフィックオブジェクトの視覚化を照らすために白色光を使用するDenisyukホログラムの描写である。 一般的に、これらのホログラムは静止した物体を描いていますが、進歩する技術は、動きや変化するシーンを投影して表示する能力を継続的に改善して

sfメディアの描写とはかけ離れていますが、今日のホログラムは急速に進んでいます。 日常のセキュリティアプリケーションで有用な、ホログラムは、開発し、空想科学小説の作成に最も創造的なホログラフィック開発を支援していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。