COVID-19の年の大学卒業生は雇用、労働力参加の低下を経験しました

COVID-19の年の大学卒業生は、雇用、労働力の参加の低下を経験した
ハーバード大学ロースクールの卒業生Jesse Burbankは、2020年5月にマサチューセッツ州ケンブリッジの彼の部屋からオンライン卒業式に参加する前に、キャンパスで時間を費やしています。 (クレイグ-F. ウォーカー/ゲッティイメージズを介してボストングローブ)

彼らの仮想開始から、2020卒業生のクラスは、前年の前任者とは非常に異なる経済的未来を見ていました–若い労働者に特に困難であったパンデミックに パンデミック経済の課題は、雇用と労働力の参加の低迷を経験している2020大学卒業生の労働市場の成果に明らかである、労働統計局によって収集された1月から10月までのデータの新しいピュー研究センター分析によると。

2020 彼らの2019前任者よりも労働力や雇用になる可能性が低い大学の卒業生

2020年10月には、前の春に学士号以上の大学を卒業した20〜29歳の成人の69%が採用され、その年の10月に採用された2019卒業生の割合(78%)よりも低くなってい 最近の大学卒業生の労働力参加率、または雇用されている人や積極的に仕事を探している人の割合も、この1年間で86%から79%に低下しました。 広く文書化されているように、より広範な労働市場はパンデミックの間に大きな打撃を受けました。 16歳以上のすべてのアメリカ人のうち、雇用率は2019年10月の61%から2020年10月の58%に低下し、労働力参加率は63%から62%に低下しました。

このレポートでは、COVID-19不況が2020年の大学と高校の卒業クラスにどのように影響したかを調べ、雇用と労働力参加に与えた影響を判断します。 この分析には、経済リリースとして公開された労働統計局のデータを使用しました。 具体的には、2007年、2008年、2019年、2020年のリリースを”高校-大学卒業生の大学入学と仕事活動”と題して使用しました。”これらの表は、学校や大学の入学に関するデータを収集する現在の人口調査October補足からのデータを示しています。

パンデミックは回答率の低下を通じてCPSのデータ収集に影響を与えたが、インタビューは2020年9月までに再開された。 2007年と2008年の間、大学卒業生のデータはBLSリリースに含まれておらず、それらの年の見積もりはミネソタ大学が提供する統合公共使用マイクロデータシリーズ(IPUMS-CPS) 労働統計局のために米国国勢調査局によって実施されたCPSは、国の最高の労働力調査であり、毎月の国民失業率の基礎です。

2020 大学の卒業生は、大不況の初期の数ヶ月で大学の卒業生が行ったよりも労働力の参加の大きな減衰を見てきました

最近の大学卒業生に対するCOVID-19不況と大不況の長期的な影響を比較するのは時期尚早ですが、これらの若年成人の結果は卒業後の数ヶ月で異な 2007年と2008年の労働力参加率は比較的横ばいであったが、2020年の労働力参加率は2019年の労働力参加率と比較して著しく低下した。

2020年の高校卒業者のクラス–前の春に高校を卒業した16歳から24歳の若者は、労働市場への参入や大学への入学などの決定を下す際に、独自の課題に直面していた。 全体として、大学の入学率は、2019のクラスと比較して2020のクラスではほとんど変わりません。 しかし、大学に入学したすべての18歳から24歳の割合を調べた以前の分析では、黒人やアジアの若年成人を含む特定の人口統計グループの入学がわずかに減少していることが示されました。

卒業後の秋に大学に在籍していなかった高校卒業生のうち、2019年と2020年の就職率は同様であった。 しかし、このグループの女性の間で顕著な低下がありました:65%が2019年に雇用されたのに対し、54%が2020年に雇用されました(このグループの男性の間で変化は

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。